睡眠中に息苦しくなる?原因と効果的な対策方法ご紹介!

更新日:

睡眠中に息苦しくなる?原因と効果的な対策方法ご紹介!
睡眠中に息苦しくなり、目が覚めてしまったりする方は意外と多いようです。そこで、今回は寝ているときに息苦しくなる原因と対策方法を紹介します。

息苦しい症状とは?

息苦しい症状が出ると、窒息しそうな感じや、不安感に襲われるという症状があります。

寝ているときに動悸や金縛りを感じて起きることが最近増えてきた、と感じている方もいるはずです。そのような方は息苦しいためにそういった症状が起きていることがあります。

もちろん息苦しいということを感じている場合もありますが、息苦しさを感じていなくてもきちんと睡眠が取れていないことによる体調不良や、動悸などという体の変化を感じている場合は、それが息苦しさからきている可能性が高いです。

きちんと息が出来ないことで脳に酸素がいきわたらず、疲れが取れないということもあるのです。そういった形で日中の活動に支障があるような状況であれば対策をとっていくことが必要です。

一度や二度ではなく、頻繁に息苦しさを感じたり目覚めたりといったことがある場合は原因を特定し、対策をとっていくべきです。睡眠がしっかり取れていないと今後の健康にも大きな影響を与えます。

今のうちになんとかしておきましょう。息苦しさ以外にも起きたときの疲れや頭痛、動悸、金縛りなどを頻繁に感じているような場合は睡眠中の呼吸がきちんとできているかもチェックしていきたいものです。

【睡眠中に以下のような症状がある場合は注意】
  • 窒息しそうな感じ
  • 不安感に襲われる/li>
  • 動悸や金縛りを感じる/li>

睡眠中に息苦しくなる原因とは?

睡眠中に息苦しくなる原因は様々です。

まず、眠るときに横たわる体勢になり、起きているときと血液の流れが変わるということが挙げられます。血液が流れやすくなったり、流れにくくなったりという変化が起きると、各所の血管や心臓に負担がかかり、それが息苦しさとして感じられることもあるものです。

自律神経失調症など神経面のトラブルでも睡眠に影響が出やすくなります。動悸や呼吸の乱れなどがこうした病気からきていることもあるのです。

特に更年期など自律神経のバランスが乱れがちな時期にはこういった原因も疑ってみるとよいでしょう。

寝ているときには副交感神経が優位になっているはずですが、交感神経が興奮していると動悸を感じます。ストレスなどを強く感じているときにも自律神経失調症になりがちなので、最近ストレスを感じているという方もチェックしておくことが必要です。

最近よく取り上げられるものとして、睡眠時無呼吸症候群というものがあります。何らかの原因で呼吸が妨げられるものです。

呼吸が出来なくなるのでもちろん息苦しいですし、体の中に酸素を取り入れられなくなってくるので頭痛などの体調不良につながりやすいといえます。

肥満である場合は機関等が狭くなりがちですし、アレルギーなどで呼吸器官が腫れていると呼吸がしづらくなることもあり、こうした症状が出やすくなります。

他にも、心臓疾患や精神的な病から来るものもありますので、不調を感じていたら早めに病院を受診することがお勧めです。

【睡眠中に息苦しくなる要因は以下のようなことが考えられる】
  • 血液の流れが、血管や心臓に負担をかかける
  • 自律神経失調症など神経面のトラブル
  • ストレスを強く感じているとき
  • 睡眠時無呼吸症候群

あわせて読みたい【口コミ・評判】横向き寝専用の横寝枕-YOKONE- いびき・睡眠時無呼吸症候群におすすめ

対策方法とは?

病気(持病など)から来るものである場合は、病院を受診して治療を受けることが先決です。特に心臓疾患などの場合、放置しておくと命に関わる場合も多いですから、早めに受診して対策をとっていきましょう。

病気ではないけれど神経のバランスが崩れているという場合には、リラックスして眠れる状況を作ることを考えてみましょう。明るすぎる部屋では神経が高ぶりやすいので、眠る少し前から部屋を暗くしておくことも有効です。

入浴もシャワーだけで済ませるのではなく、ゆっくり湯船に入ってお湯につかり、体を温めておくことも効果的です。ストレスが大きな影響を与えるので、ストレスの原因をできるだけ遠ざけるということも対策の一つといえます。

遠ざけることが難しければ、物事に対する考え方を変えてみる訓練などもしてみると、ストレスを和らげやすいといえます。

睡眠時無呼吸症候群の場合は、病院で治療を受けることはもちろん大切です。マウスピースを付ける治療や、場合によっては手術などが必要になることもあります。

それに加えて自分でも呼吸がしやすいように対策をとってみましょう。

肥満が原因の場合はダイエットをしてみると改善することもあります。ストレスなどがかかわっている場合はストレス解消などを心がけるとよいです。

鼻が詰まりやすい場合は、鼻に貼って空気の通り道を作ることで呼吸をスムーズにするというテープも商品として市販されています。そういったものを使って少しでも症状を和らげるということを意識して生活を整えていきましょう。

【対策のポイント】
  • 病気から来るものや、睡眠時無呼吸症候群は病院を受診する
  • 神経のバランスやストレスの場合は、リラックスすることを心掛ける
  • 肥満の場合は、ダイエットをしてみる

まとめ

睡眠は私たちが生きていく上で重要なものです。睡眠中にきちんと休めなければ、活動中に受けたダメージや蓄積した疲れをいやすことが出来ません。

何らかの原因でその睡眠が妨げられてしまうと、多くの障害が出てくることになります。きちんと眠れているかをチェックし、息苦しさなどの異常を感じたらそれを改善していくということは、健康管理の上で最も重要なことといえます。

はっきりした病気などの原因があるのであれば、それを治療することが必要です。睡眠にまつわるトラブルには命にかかわる病気もありますから、まずはそういった深刻な病でないかどうかを知るためにも受診することが必要です。

特に病気でない場合は、一時的に体のバランスが崩れているのかもしれません。その原因となるストレスをコントロールすることを考えましょう。

自分なりのストレス解消法を持つようにすると、精神的にも安定させやすくなります。

最近は運動不足になっている方も多いですから、それが原因で寝つきが悪くなっている場合があります。その場合は少々体を動かすことで寝つきが良くなることがあります。

特にストレスなど思い当たることがない方は、軽いストレッチなどの運動を就寝前に取り入れてみるとよいです。

寝る直前の飲食にも気を付けましょう。体に負担がかかり、眠りを阻害することもあります。

カフェインなどを摂りすぎると眠りずらくなるので、そういったものは夜にとらないようにするということも有効です。こうした形で生活習慣などを見直していくことで質の良い眠りに近づけやすくなります。

息苦しさを感じることも少なくなって、日中も元気に活動することが出来るようになるはずです。

病院の受診とともにこうした行動の改善も心がけてみましょう。

夜が不安な方にテアニンサプリ!【NEMLINA(ネムリナ)】

-熟睡(快眠・安眠)方法

Copyright© 快眠・安眠グッズの口コミ評判おすすめを紹介【ぐっすり-good sleep-】 , 2019 All Rights Reserved.