【必見】睡眠が美肌に効果的!美人になるために実践すべきこと!

更新日:

【必見】睡眠が美肌に効果的!美人になるために実践すべきこと!

質の良い睡眠を取ると健康な体作りに役立つと言われていますが、お肌のためにも睡眠の状態を見直すことはとても重要なことです。

そこで今回は、睡眠と美肌の関連性について紹介します。

スポンサーリンク

肌が荒れる原因とは?

肌が荒れる原因には乱れた食生活や運動不足、ストレスなど様々なものが考えられますが、寝不足が続いた後もニキビができたり化粧のノリが悪くなったり顔色がくすんで見えたりなどの変化が現れます。

ですから、寝不足は美容の敵という言葉は決して迷信などではなく、きちんと事実に基づいた言葉ですので、肌対策のためには眠りに関する部分まで徹底的にチェックしなければなりません。

では、なぜ寝不足になると肌が荒れるのかというと、細胞の生まれ変わりであるターンオーバーが寝ている間に行われるからです。
古い細胞を排出して新しい細胞を作り出すことでいつまでも瑞々しい素肌を維持することができるのですから、それが滞れば当然コンディションも悪化します。

正常な人なら、ターンオーバーの周期は約28日程度と言われていますが、睡眠不足の人はこれよりも長くなってしまいますので老化の原因にもなります。ターンオーバー周期は、一度乱れるとなかなか元に戻すことができません。

それに加えて加齢による衰えが起こると肌の状態には深刻な影響を与えますので、日頃からしっかりとした睡眠が取れるように対策を立てる必要があります。睡眠対策では環境や心身の状態がとても大事であり、スムーズに眠りにつけるような状態にしておくことがとても効果的です。

【ポイント】
  • ターンオーバーとは、古い皮膚から新しい皮膚へ生まれ変わること
  • ターンオーバーは、睡眠中に行われる
  • 睡眠不足になると、ターンオーバーが行われないため老化の原因になる

なぜ睡眠が美肌に効果的なのか?

睡眠が美肌作りに効果的である理由を見ていくと、睡眠中に分泌される成長ホルモンに秘密が隠されています。成長ホルモンは何も子供が成長するためだけにあるのではなく、若々しい肌を保ったり、美しい素肌を維持するためにも必要なものです。傷ついた細胞を修復するという意味では、健康増進にも役立ちます。

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されており、肌のターンオーバーを促してくれます。古い角質が長い間残っているとトラブルを含む肌細胞も長期にわたって留まることになりますので、現在現れている肌トラブルはいつまで経っても良くなりませんが、睡眠不足を解消して成長ホルモンが十分に分泌されるようになればトラブルを抱える肌細胞もどんどん排出されるようになります。

この働きが美肌作りには欠かせないものであり、肌トラブルを早く改善したい時にも重視したいポイントです。美肌作りを考えて睡眠時間をたっぷりと確保しようという意識を持つことも大事ですが、それと同時に質も高めなければなりません。

ただ長時間眠っただけでは本格的な美肌対策にはならず、質の高い睡眠を目指す必要があります。睡眠の質を高めるためのグッズも最近では色々と売られていますので、自分に合ったものを探して取り入れてみるのも良い方法です。

快適な睡眠環境を整えるためには、どのようにしたら良い眠りが得られるのかを真剣に考えることが大切ですし、利用できるグッズがあれば積極的に取り入れたいところです。

【ポイント】
  • 睡眠不足を解消することで、成長ホルモンが分泌される
  • 成長ホルモンが美しい肌を作り出す
  • 睡眠の質が成長ホルモンの効果をより引き出す

美肌になるために実践すべきことは?

質の良い眠りを確保するために実践したい方法が色々とあります。質が高ければ、多少時間が短くても肌荒れを起こすリスクが低くなります。

まず最初に注目したいのは敷布団です。ふかふかの敷布団がお気に入りだという人も少なくありませんが、熟睡するためには少し硬めの布団がお勧めです。

ふかふかの布団は寝がえりを打つ際にとても力が要りますので、寝がえりを打つたびに目が覚めやすくなります。何度も繰り返していると本格的に覚醒してしまいますので、寝がえりを打ちやすい硬めの布団の方が良いようです。

熟睡度を上げるためには、湿度のコントロールも大事です。湿度は季節によっても大きく変わるものですが、理想的な湿度は50%くらいですので、布団の中の湿度もそのくらいにしておくのがベストです。

そうすると熟睡度が高まるだけでなく肌の保湿にも役立ちますので美肌に効果的です。快適な睡眠を得るための環境が整ったら、あとは眠りにつきやすい状態へと心身を向けていくことが必要です。

疲労が溜まったりストレスを受けたりすると自律神経が乱れて交感神経が優位な時間が長くなります。交感神経は活発に動いたり緊張したりする時に優位になるものですので、寝る前には副交感神経を優位にしなければなりません。

ですから、日中は日差しを浴びたり良く体を動かした方が良いのですが、寝る前は興奮するようなことを避けながら落ち着いた状態で過ごし、リラックスすることが大切です。

[参考サイト]
【ポイント】
  • 質が高い睡眠をとることで、肌荒れを起こすリスクが低くなる
  • 寝がえりを打ちやすい硬めの布団の方が良い
  • 湿度に気を付けること
  • 適度な運動をする、寝る前はリラックスする

まとめ

日々忙しく過ごしていて十分な睡眠時間を確保できなかったり、何らかのストレスを受けていて質の良い睡眠が取れないと肌荒れを起こす可能性が高くなります。ただし、その場合でも質を十分に高めれば時間の問題をカバーすることができます。

質の良い睡眠を取ると分泌される成長ホルモンには傷ついた細胞を修復したり細胞分裂を促す働きがありますので、肌細胞の活性化に役立ちます。ターンオーバーの乱れがちな肌を正常に戻すためにはとても重要なものであり、代謝やターンオーバーに関するトラブルが解消されればコンディションは自然と良くなります。

ですから、自分なりに工夫をして質を高める努力をすることは大切なことです。

良い睡眠を確保して美肌作りを行うためには、睡眠環境を整えて心身を眠りにつきやすい状態に持っていく必要があります。心身のコンディション面では日中によく体を動かして寝る前に落ち着いた状態で過ごせば、自然と副交感神経の働きが優位になってリラックス状態が作れます。環境面では寝具を硬めにしてスムーズに寝がえりを打てるようにすることが有効であり、湿度も最適と言われる50%程度に保つことが重要です。

最近では快眠を得るために利用できるグッズがたくさん売られていますので、自分に合ったものを取り入れることも難しくありません。お気に入りのグッズを見つけて積極的に環境作りをすれば眠りのリズムが上手くでき上がるかもしれませんので、まずは何が必要なのかを考えてみることが大切です。

浅い眠りでは翌朝も疲れが取れず肌のコンディションも悪化しますが、熟睡できると翌朝は体が軽くなったように感じますし、心身のバランスも良くなりますので、元気に過ごせます。

-熟睡(快眠・安眠)方法

Copyright© 快眠・安眠グッズの口コミ評判おすすめを紹介【ぐっすり-good sleep-】 , 2019 All Rights Reserved.