睡眠と自律神経の関係と乱れを安定させる方法とは!?

更新日:

睡眠と自律神経の関係と乱れを安定させる方法とは!?

現在、仕事や学校など日常生活でストレスに悩まされている方は多いのではないでしょうか?

昔から風邪は万病の元!と言われてきましたが、近年はストレス社会と言われ、ストレスは万病の元!という言葉が良く使われるようになってきました。ストレスを溜め込みすぎると、体に様々な不調がでてきます。

頭痛、腹痛、下痢、便秘、疲れやすい、疲れがとれない、イライラ、めまい・立ちくらみ、やる気が出ない、食事が増える・もしくは減る、眠れないなど。

これら症状は、主にストレスによる自律神経の乱れが原因で、不定愁訴(ふていしゅうそ)と言います。みなさんも悩んではいないでしょうか?

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、体調が悪いという自覚症状があり、病院で検査をしても特に異常が見つからない状態のことを言います。病院からは、「疲れが溜まっているだけですよ。」と軽くあしらわれることもあります。

しかし、これら症状が悪化してしまうと、うつ病や重度の病気になってしまう可能性があります。そこで今回は、自律神経に大きな影響を与える睡眠との関係と、自律神経の乱れを改善する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自律神経とは!?

自律神経とは!?

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、無意識のうちに働いている神経です。

内臓系(消化器、呼吸器等)の働き、心臓を動かす、汗をかく、これらは自律神経によって働いています。つまり生きていく上で、必要な活動を自動的に行い、24時間体内の環境を整えてくれているのです。そして自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。

交換神経とは!?

起きているとき、緊張しているとき、ストレスを感じているときに働く神経です。

脳を活発にし、体を動かすのに適した状態にしてくれますが、血管や筋肉が収縮するため血液の流れが悪くなります。つまり日中に交換神経が働くことにより、仕事・勉強・運動をするのに適した状態にしてくれているのです。

副交感神経とは!?

寝ているとき、リラックスしているときに働く神経です。

リラックス状態のため、血液が循環し栄養素がめぐり、体を修復してくれます。つまり日中に溜まった疲れを癒してくれているのです。

交換神経と副交感神経の関連性とは!?

交換神経と副交感神経を同時に働かせることはできません。片方が働いているときは、もう片方は働くことができません。

例えば、睡眠不足、緊張、ストレスで交換神経が過剰に働きすぎてしまうと、副交感神経が働かず体の修復ができなくなってしまいます。

つまり交換神経と副交感神経の働くバランスが偏ってしまい、これが自律神経の乱れで「自律神経失調症」といわれる状態です。

また、どちらかの神経を怠けさせることも、自律神経の乱れに原因になりますので、1日の中で交換神経と副交感神経がバランス良く働くことが大切です。

【ポイント】
  • 自律神経は、無意識のうちに働いている神経
  • 自律神経には、交換神経と副交感神経の2つがある
  • 交換神経は、起きているときに働く神経
  • 副交感神経は、寝ているとき、リラックスしているときに働く神経
  • 交換神経と副交感神経を同時に働かせることはできない

睡眠と自律神経の関係とは!?

睡眠と自律神経の関係とは!?

自律神経が乱れている方に共通しているのが、睡眠不足です。

睡眠不足が自律神経の乱れを引き起こしている!?

睡眠中は、疲れた体を修復してくれる副交感神経が働きます。これにより、1日の疲れがリフレッシュされ、翌日の活力を蓄えます。

睡眠不足の状態では、体をリフレッシュさせる副交感神経は働きません。変わりに体を動かすのに適した交換神経が働き続けます。

交換神経は、体を動かすのに適した作用が働くため、血管や筋肉が収縮するため血液の流れが悪くなります。

その結果、頭痛や肩こりといった症状が起こります。この状態が続くと、疲れが蓄積されたままになり自律神経失調症になります。

睡眠不足の原因は!?

睡眠不足の原因は何なのか?
それは日常生活で過度のストレスを抱えていることが原因です。

  1. 日常生活で過度のストレスが発生
  2. 夜になっても交換神経が副交感神経に切り替わらない(体の修復ができない)
  3. 交換神経が働き続ける(血流が悪くなる)
  4. 血流が悪くなることから脳の機能低下を招く
  5. 寝つきが悪くなる
  6. 睡眠不足

このように過度のストレスを抱えていると、睡眠不足の原因となります。日頃からストレスを発散させることがとても大切です。

参考サイト:ノンレム睡眠・レム睡眠の周期と時間の違いとは?

【ポイント】
  • 自律神経の乱れの原因は、睡眠不足
  • 睡眠をとることで、副交感神経が働き、体を修復している
  • 睡眠不足の原因は、日常生活の過度のストレスが原因

自律神経の乱れを安定させるには!?

自律神経の乱れを安定させるには!?

自律神経の乱れを安定させるには、ストレスを溜め込まないことです。そこで、ストレスを発散させて自律神経の乱れを安定させる方法を紹介します。

音楽を聴く

ヒーリング音楽、クラシック、自然の音が良いと言われていますが、これらはこだわらないほうが良いです。大切なことは、自分が聴いてリラックスするかということでジャンルは気にしないでください。

好きでもない音楽を聴きながらではリラックスできませんので。

私の場合は、学生時代に流行っていた音楽を聴くことでリラックスしています。学生時代に流行っていた音楽を聴くと、いろいろな思い出が蘇りリラックスできます。

整体

自律神経が乱れている人は、体の筋肉が固くなっています。

つまり副交感神経が十分に働いていないことになります。筋肉をほぐすことにより、血流がよくなり疲労回復が促進されます。

私も疲れがとれなく悩んでいたときに、知り合いから整体を進められました。最初にカウンセリングを書き検査をしてもらったのですが、体中がガチガチに固くなっており、ここまで重症の人はめずらしいですと言われてしまいました。

実際に施術をして頂くと、全身が軽くなることを実感することができました。最初は、半信半疑でしたが即効性がありました。

整体は、骨をボキボキと鳴らす印象がありますが、私が施術して頂いた整体院は、骨をボキボキと鳴らすことはまったく行いませんでした。骨をボキボキと鳴らすのはちょっと。。。という方は、骨をボキボキと鳴らさない整体院を探してみてはどうでしょう?

バランスの良い食事

やはり体は食事から作られますから、バランス良く食べることが大切です。とくにこの栄養素を摂取すれば良いというのではなく、偏った食生活を送らなければ良いと思います。

運動をする

筋肉を使うことは、血液が循環し栄養素がめぐり、あらゆる神経が活性化します。汗をかくことで、疲労物質や老廃物も排出されやすくなります。

筋肉を強くすることで、内臓系の働きも活性化され、自律神経が働きやすくなります。

【ポイント】
  • 日常生活でストレスを溜めないこと
  • リラックス効果や自律神経が活性化する行動を心掛ける

まとめ

自律神経に大きな影響を与える睡眠との関係と、自律神経の乱れを改善する方法を紹介してきましたがいかがでしたか?大切なことは、ストレスを溜めないことです。

また、体調不良が長く続く場合は、早めに医療機関へいきましょう!

何科を受診すれば良いかわからない方は、まずは内科や脳神経外科を受診してみてください。
理由は思い病気の可能性があるからです。くれぐれも自己判断は控えましょう!

今回紹介したことを少しずつ取り入れ、充実した日常生活が送れるように改善してみましょう。

▼関連おすすめ記事▼
【口コミ・評判】光目覚まし時計「inti SQUARE」最安値価格 睡眠専門医おすすめライト目覚まし

-熟睡(快眠・安眠)方法

Copyright© 快眠・安眠グッズの口コミ評判おすすめを紹介【ぐっすり-good sleep-】 , 2019 All Rights Reserved.