睡眠サプリのおすすめランキングを紹介

投稿日:

グリナ

味の素「グリナ」

睡眠サプリのおすすめランキング1位は、味の素の「グリナ」です。

グリナの主な成分はグリシンというアミノ酸です。グリシンは自分の体内で生成できる非必須アミノ酸ですが、寝つきが悪いなどの不調を感じている人は外部から摂取することが大切です。

グリシンには末梢血管を拡張して深部体温を下げる作用があります。動物と無駄なエネルギーを消費しないために、眠っている間は深部温度が1度下がっています。

不眠に悩んでいる人は、横になって眠ろうとしても深部体温が高いままのことが多いです。グリナを服用して深部体温を下げれば、動物としての本能で自然と眠たくなります。

グリシンは摂取すると腸に運ばれて血液中に取り込まれます。4時間ほどで血中濃度は半分になりますが、4時間もあれば眠ることができます。脳は脳関門で通過できる物質を制限しているので、グリシンのようなアミノ酸が影響を及ぼすことはありません。

1日スティック1本が目安で、水で服用します。ほのかにグレープフルーツの風味がするので飲みやすいです。食品衛生法で指定されているアレルギー物質27品目は一切使っていないので、食物アレルギーによって食べ物からグリシンを補給できない人にも適しています。

ライオン「グッスミン酵母のちから」

グッスミン酵母のちから
おすすめランキング2位はライオンの「グッスミン酵母のちから」です。

グッスミン酵母のちからで不眠対策になる理由は。清酒酵母GSP6が配合されているためです。

酵母はカビやキノコと同じ菌類の一種で、成分ではなく生き物です。日本では日本酒を造る時に清酒酵母を使用し、米を分解してアルコールを発酵させています。

ライオンは臨床実験を行い、清酒酵母GSP6がアデノシンA2A受容体を活性化することを発見しました。アデノシンA2A受容体は睡眠に関係する物質です。

人間は起きている時は脳にプロスタグランジンD2という眠りに誘う物質が溜まります。するとアデノシンは覚醒を抑制する化合物と結合することで、脳の中枢に眠るように信号を伝えます。

コーヒーに含まれているカフェインは、アデノシンとアデノシン受容体A2Aの結合を阻害するので、眠たい時でも覚醒させることができます。清酒酵母GSP6はカフェインと反対の作用を持つので、交感神経が過敏になって覚醒している時でも眠たくなります。

また清酒酵母GSP6はデルタ波パワー値を増加させる効果もあります。デルタ波は夢を見ていない状態で増加する脳波で、この脳波が強ければ強いほど深い眠りに就いていると分かります。

グッスミン酵母のちからは酵母アレルギーと先天性APRT欠損症の人以外は安全に利用できます。清酒酵母そのものにアルコールが入っているわけではないので、毎日飲んでも問題ありません。

フロムココロ「潤睡ハーブ」

潤睡ハーブ
おすすめランキング3位は、フロムココロの「潤睡ハーブ」です。

潤睡ハーブには安眠効果を実感するために、信頼できる素材を豊富に使用し必須アミノ酸のバランスを考えてオリジナルブレンドしています。クロレラには9種類全ての必須アミノ酸が含まれており、日本人に足りない栄養素を補うことができます。

フロムココロでは不眠の原因は食の欧米化によるアミノ酸の偏りと、ストレスだと考えています。ギャバはストレスを解消する効果があり、ラフマエキスはギャバとの相乗効果が期待できる心のビタミンです。

ギャバは本来は自然と生成される物質で、脳神経の興奮を抑制する作用があります。普段は脳を興奮させるグルタミン酸とバランスを保つことで、精神を安定させています。

しかし過度なストレスがかかるとギャバの量が減少し、グルタミン酸の作用が強くなるのでイライラして不眠につながります。ベッドに入っている時でも嫌な事を考えたり攻撃的な気持ちになっているならば、ギャバが足りていない証拠です。

ギャバは野菜や果物からも摂取できますが、1日200mg~500mgを摂取し続けるのは難しいです。ストレスにさらされるたびにギャバは減るので、潤睡ハーブで手軽に摂取するのがおすすめです。

ラフマエキスは1800年以上も前から中国の人々に摂取されてきました。日本では緑茶が古来から親しまれた飲み物ですが、中国ではラフマの葉を使ったお茶を好んで飲んでいました。

ラフマエキスはノルアドレナリンが過剰に分泌するのを抑制し、心に安定をもたらすセロトニンを増やす効果があります。潤睡ハーブでは深部体温を調整する成分も配合しています。金時しょうがは体温を上げる効果が高いしょうがの中でも王様と呼ばれるほど、冷え性対策に有効です。

金時しょうがを服用すれば、手足がポカポカして寒い冬でも寝付きが良くなります。コショウ科のハーブであるヒハツは、中国で体を温めるために使われてきました。

ハーブはクセがあって苦手という人も多いですが、潤睡ハーブは粒タイプのサプリなので嫌な風味はありません。見た目が緑色なのはクロレラによるものです。

1日6粒の服用を続けることで、ぐっすり眠り朝はスッキリ起きられたと実感する人が多いです。

まとめ

睡眠サプリのおすすめランキングを紹介してきました。

サプリ以外にもストレスを無くすなど精神的な要素を排除することで良い睡眠を取ることができます。

また、反対に寝起きをスッキリしたりリラックスする為にはコーヒーの香りがおすすめです。コーヒーにはカフェインも含まれていますので、覚醒効果もあります。

おすすめは、ネスカフェから発売されている日本一売れているコーヒーメーカーのネスカフェ バリスタです。

お湯を沸かす手間がなく、飲みたいときに1杯ずつ作る事ができるので、忙しい朝でも手軽にコーヒーをいれることができます。コーヒーの粉はネスカフェゴールドブレンドを使います。1杯約14円からと経済的にもお得なのでおすすめです。

-快眠・安眠サプリ

Copyright© 快眠・安眠グッズの口コミ評判おすすめを紹介【ぐっすり-good sleep-】 , 2019 All Rights Reserved.